配当利回りとは

株式を持っているとその会社の株主となり、場合によっては会社の1年間の利益から配当金を貰えることがあります。企業から受け取れる配当金を購入した株価で割ると、どのくらいの利回りがあったのかを求められます。これを配当利回りといいます。

 
例えば配当金が1000円で、30万円で購入した株があったとします。この場合の利回りは0.3パーセントです。これを求めることによって、その株を購入すればどのくらい利益が出るのかがわかります。

 
配当金額が同じであれば、購入した金額が低いほど利回りは良くなります。単純に配当金額が高いからという理由で購入しても、実際に利回りを計算してみたら、配当金額が低い方が利回りがいいという例もあります。株式投資を行うときには、配当金額だけでなく利回りも計算して購入することが大切です。

 
利回りは株式を購入する上で大切な指標のひとつです。しかし株には利回りだけでなくそのほかにも指標がたくさんあるので、それらも含めて企業の状態を判断し、株の購入を決めなくてはなりません。
株を購入する指標としては、利回りのほかに配当性向があります。これは企業の利益のうち何パーセントを配当金にしているか割り出したもので、企業の経営を推し量る材料のひとつです。}PgžxQ

Comments are closed.