Author Archive

PERとは

初めて株を買おうとするとき、有名な大企業か、話題になっている人気企業にするかいろいろ迷います。予算と株価で絞られてきますが、HOW TO本を読んでも専門用語が多くてよくわかりません。

 
そんな時判断する指針としてPERがあります。これは1株当たりの純利益(EPS)を発行済株式数で割ったものです。

 
株価収益率と呼ばれるこの数字は、例えば株価が400円で1株当たりの利益が20円ならば20倍ということになります。この数字が低いほど株価は割安ということを表しています。

 
来季の予想利益が30円、株価収益率が同じように20倍ならば株価600円まで買える計算になります。これは同業種の平均株価収益率もみて判断する必要があります。

 
しかしこの倍率は客観的な基準ではありません。1株当たりの利益も土地売却など営業外で多額の収益があった場合、その決算期だけ高くなってしまいます。
そうすると株価収益率が下がって、割安感がでてしまい判断を誤ることもあります。金融機関が焦げ付いた債権を償却して赤字を計上した時なども異常値が算出されますので、注意しなければなりません。
企業個別ではなく、市場平均との比較で割安・割高を判断し、金利、税制など相対的にみることが必要です。

PBRとは

}PgžxQ株式投資をする上で、得ておきたい知識は色々あります。株式に関連した専門用語も身につけておきたいですし、その意味についても理解を深めておいた方がいいです。今回は、株価判断の指標となるPBRについて紹介していきます。

 
これは、株価純資産倍率のことを意味しています。正式にはprice book-value ratioという言葉であり、それを略式化した名称となっています。株をしている人なら、略語で通用しなければならないほど有名なワードと言えます。

 
株価純資産倍率=株価÷1株あたりの純資産額で算出することが可能です。株価は各銘柄の株の価格を意味しており、日々変動していくものです。

 
1株あたりの純資産額は、借金を除いた会社の資本金や法定準備金、剰余金の合計となる純資産を株式数で割ったものです。株価が、1株あたりの純資産の何倍まで買われているかが分かる仕組みとなっています。

 

 
この指標は、株式投資の判断材料として、PER一緒に広く利用されているものです。両方を使いこなすことで、失敗しない株式投資を行うことが可能となるのです。

 
数値が低いほどに株価が割安であることを示しています。株価純資産倍率は1倍が基準です、1倍以下となっている企業は、割安性が高いと判断できます。

配当利回りとは

株式を持っているとその会社の株主となり、場合によっては会社の1年間の利益から配当金を貰えることがあります。企業から受け取れる配当金を購入した株価で割ると、どのくらいの利回りがあったのかを求められます。これを配当利回りといいます。

 
例えば配当金が1000円で、30万円で購入した株があったとします。この場合の利回りは0.3パーセントです。これを求めることによって、その株を購入すればどのくらい利益が出るのかがわかります。

 
配当金額が同じであれば、購入した金額が低いほど利回りは良くなります。単純に配当金額が高いからという理由で購入しても、実際に利回りを計算してみたら、配当金額が低い方が利回りがいいという例もあります。株式投資を行うときには、配当金額だけでなく利回りも計算して購入することが大切です。

 
利回りは株式を購入する上で大切な指標のひとつです。しかし株には利回りだけでなくそのほかにも指標がたくさんあるので、それらも含めて企業の状態を判断し、株の購入を決めなくてはなりません。
株を購入する指標としては、利回りのほかに配当性向があります。これは企業の利益のうち何パーセントを配当金にしているか割り出したもので、企業の経営を推し量る材料のひとつです。}PgžxQ

株価判断の指標について

宇宙04株式投資を始める場合は、東証一部上場株式だけでも数千社あります。そのなかで有望な株式を選択するのはなかなか難しいものです。もちろん身の回りにある、いつも利用している電化製品や食料品の会社の株式を購入することも出来ます。

 
近年は株主優待も多くの企業で実施されています。なかなか魅力的で実用的なものもあります。これらを参考にするのも一つの方法と言えます。

 
本来、株式投資は配当金を所得すること、インカムゲインと値上がり益を得ることキャピタルゲインが目的なのです。とくに値上がり益の収益を考えた場合は、株式を購入するのに、何らかのモノサシが必要になります。つまり株価分析が必要になるのです。

 
株価判断の代表的な指標がいくつかあります。株価収益率PERがあります。これは利益水準から株価の割安・割高をみるものです。株価が1株当たりの利益の何倍になっているかがわかります。株価÷1株当たりの利益で算出出来ます。

 
株価純資産倍率PBRがあります。これは株価が1株当たり純資産の何倍になっているかをみるものです。また自己資本当期純利益率ROEがあります。自己資本を元に、どれだけ収益を上げたかを見ることが出来るものです。

 
このような指標で、株価を分析して投資の判断をすることが可能なのです。これは、一つの方法に過ぎません。

株と売り切れについて

宇宙03株は会社が経営するお金を集めるために発行するものですが、発行後はこれを持っている人々で取引が行われます。買いたいという人に対して、売りたいという人が持っている分を販売するというスタイルです。これらは投資家同士が直接取引をするのではなく、証券会社や証券取引所を仲介して取引します。

 
基本的に消費するものではなく、必ず市場に一定の数が出ているものです。そのためスーパーなどで販売している商品とは違って、売り切れにはなりません。ただし物自体はそこにあっても売りたい人がいなければ買えないので、同じような状態になることはあります。

 
例えばマンションがあったとします。そのマンションの部屋を他の誰かが所有していれば、自分がそれを買いたいと思っても購入できません。誰かが部屋を売りたいと思って売りに出せば、それを購入できるようになります。

 
この満室のマンションと似たような状態が、証券取引でも発生することがあります。この状態になると売り注文が出ない限りは買えないので、売り切れと同じような状態になります。この場合は誰かが売ってくれるまで待つしかありません。

 
人気のものはすぐになくなって、値段も高くなります。そのため投資家はいつでも証券取引の状態を見られるようにしています。

株式会社と株

株を買う前の基礎知識として、株と会社の関係をしっかり理解しておくことが大切です。株式会社とは、株主が出資したお金を資金として事業を行っていく組織のことです。

 
株主がたくさん存在し、多くの額を出資してくれれば、それだけ会社はさまざまな事業を行うことが出来ます。しかし事業の失敗を繰り返したり経営赤字が続いたりしてしまうと、株主は株主総会などを通し、事業内容や人事の修正を求めてきます。こうした事態にならないように、会社側は事業の安定させ、利益を出そうと経営努力を行います。

 
会社が多くの利益を出せば、その分の配当が株主に還元されます。株の売買で資産を増やすことが可能なのは、こうした仕組みがあるからです。
ある会社の株を買い、その会社が利益を上げた場合、その分配当金を得ることが出来ます。また、安く買った株が、その後会社の利益向上により価値が上がった場合、買った時よりも高値で売ることで利益を上げることも出来ます。これが一般的な株式売買の仕組みです。

 
もちろん逆に会社の業績が悪化し、株の価格が下がってしまうと、株主も損をしてしまいます。そのため株主、中でも大きい出資をしている大株主は、会社の業績が悪化すると事業内容や経営方針に意見することが出来るのです。宇宙02

株式購入の資金と購入のルールについて

宇宙01スマートフォンやタブレット端末などの普及により、手軽にインターネットを利用できるようになりました。その結果、株取引においてもインターネットでの取引が活発に行われ、初心者でも手軽に株取引が行えるようになったのです。

 
株式の取引を始める際には、証券会社などで株取引専用の口座を開設すれば、取引が可能になります。企業によって、購入できる株の単価が違いますが、一般的には1株数百円で10株といったまとまった単位での購入が一般的です。

 
数百円の株を10株から50株くらい購入できる資金さえあれば、すぐにでも株取引ができます。しかし、1カ月のうちに株取引で使用する金額を決めておかないと、損失を増やすことにもなりますから注意が必要です。

 
株取引での利益は少額であることが多く、ギャンブルのように一気に大金を得るためには、それなりの準備金が必要であることをふまえておきます。少額の利益を次の取引のために貯蓄をして、運用していくことが理想的といえます。

 
株取引のルールは証券会社によってさまざまですが、手数料や注文時間と取引時間を確認するようにします。できるだけ手数料を抑えた方が良いので、1度で取引が完了できるようにすれば、手数料を節約できます。注文時間などの確認は重要になってきます。

株の買い方・売り方

いざ株の売買をやってみたいと思っても、どこに行けばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。株の売買を行う為には、証券会社に口座を開く必要があります。口座を開いたら、ある程度まとまった金額を入金するだけで、売買の準備は完了です。

 
準備が完了したら、早速欲しい株を探します。株の購入にあたって注意しなくてはいけないのは、株にはそれぞれ売買単位が決められているという点です。1株単位で購入できるものもあれば、100株や1000株といったまとまった単位で購入しなくてはならない場合もあります。

 
購入したい株が決まったら、口座を開いた証券会社に注文を出します。インターネットが普及する前は、電話注文が多かったのですが、近年ではインターネットを利用した注文がリアルタイムにすばやく反応できる為人気です。手に入れた株を売りたい場合も、買った時と同様に、インターネット或いは電話で売り注文を証券会社に送ります。

 
売買注文の際に入力しなくてはならない情報ですが、まず銘柄名と証券コードは必須です。そしてそれらを何株、いくらで、購入或いは売り出すのか、といった情報を入力します。また、上場している市場の名前の入力も求められます。入力時には、銘柄名をよく確認して、間違いのないように気をつけて下さい。ふきのとう

株を買う方法

ひまわり近年、少額でも株取引によって不労所得を得る方が増えてきました。その背景には、インターネットを活用し、円滑な株取引を行っているためです。従来の株取引のように窓口へいかなくても簡単に取引ができるため、初心者でも手軽に始めることができるのです。

 
まず、株取引を始めたいという方には、証券会社やネット証券で専用口座を開設することから始めます。その後、どの会社の株を購入するのか銘柄を決めます。

 
株ではルールを覚えてしまえば、その後は経済状況や世の中の関心に目を向けて株取引を行っていきます。さまざまな株の戦略方法も紹介されており、インターネットや本を参考に独自の戦略を練っていきます。こうした戦略を考えるのも株取引の楽しみです。

 
株の銘柄選びについても、さまざまな方法が紹介されていますが、まずは自分の身の周りにある商品を販売しているような大手の企業を調べます。事業内容や企業の関連ニュースなどをチェックすることで今後、注目されそうな企業の判別がついてきます。

 
さらに、販売が予定されている商品などのチェックをすると、どういうものが売れる商品かを知ることができます。消費者という目線で商品をチェックしてみると案外、投資しがいのある企業の場合が多いです。知らない企業の株を選ぶよりも、馴染みの企業の株を選択します。